費用について

矯正相談・精密検査の費用

  • 項目・内容 治療費(税別)
    初診相談 (約40分) 無料
  • 項目・内容 治療費(税別)
    矯正精密検査 (約60分) 40,000円

マウスピース矯正(全体矯正/上下顎の前歯~大臼歯)

装置の種類 治療費(税別)
インビザライン(標準的な症例) インビザライン・フル
インビザライン
750,000円~850,000円
インビザライン(軽度の症例) インビザライン・ライト / フル
インビザライン
500,000円~700,000円
インビザライン(難症例) 補助矯正装置等の費用込み
インビザライン
850,000円~
アソアライナー(軽度の症例)
アソアライナー
500,000円~650,000円
イークライナー(軽度の症例)
イークライナー
500,000円~700,000円
DENマウスピース(軽度~標準的な症例)
DENマウスピース
600,000円~850,000円
  • ※上記の矯正費用(税別)は、動的矯正治療の開始から治療終了時までの総額です。
    (矯正基本料、矯正装置の費用、毎月の調整料・管理料、リテイナー/保定装置の費用がすべて含まれています)
  • ※矯正費用は、矯正の難易度や治療期間などによって異なります。

マウスピース矯正(部分矯正/上下顎の前歯・小臼歯)

装置の種類 治療費(税別)
インビザライン・ライト
インビザライン
400,000円~500,000円
インビザラインi7
インビザライン
300,000円
アソアライナー(クリアアライナー)
アソアライナー
300,000円~500,000円
イークライナー
イークライナー
300,000円~500,000円
オペラグラス
オペラグラス
300,000円~500,000円
  • ※部分矯正は、歯並びの状態によって適応できない場合があります。

マウスピース矯正(部分矯正/上顎または下顎の前歯)

装置の種類 治療費(税別)
インビザライン・ライト
インビザライン
350,000円
インビザラインi7
インビザライン
250,000円
アソアライナー(クリアアライナー)
アソアライナー
250,000円~350,000円
アクアシステム
アクアシステム
250,000円~350,000円
エシックス
エシックス・アプライアンス
200,000円~250,000円
  • ※部分矯正は、歯並びの状態によって適応できない場合があります。

10代のマウスピース矯正の費用

装置の種類 治療費(税別)
インビザライン・ティーン(標準的な症例)
インビザライン・ティーン
700,000円~850,000円
インビザライン・ティーン(軽度の症例)
インビザライン・ティーン
500,000円~700,000円

ワイヤー矯正(部分矯正/上顎または下顎)

装置の種類 治療費(税別)
表側矯正(マルチブラケット/唇側矯正) 300,000円~500,000円
裏側矯正(リンガルブラケット/舌側矯正) 500,000円~600,000円
ワイヤーによる部分矯正/MTM(歯の挺出) 100,000円

歯のホワイトニング・クリーニング等の費用

  • 項目・内容 治療費(税別)
    ホームブリーチ (生活歯のホワイトニング)
    ホームホワイトニング
    (マウスピース矯正と併用の場合)
    16,000円
    オフィスブリーチ(生活歯のホワイトニング)
    オフィスホワイトニング
    10,000円~
  • 項目・内容 治療費(税別)
    ウォーキングブリーチ (失活歯のホワイトニング)
    ウォーキングブリーチ
    (失活歯のホワイトニング)
    10,000円~
    インターナルブリーチ(失活歯のホワイトニング)
    インターナルブリーチ
    (失活歯のホワイトニング)
    10,000円~
  • 項目・内容 治療費(税別)
    筋機能療法 6,000円~
    矯正用ミニインプラント(1本) 20,000円
  • 項目・内容 治療費(税別)
    プロフェッショナルクリーニング(60分) 12,000円
    プロフェッショナルクリーニング(30分) 6,000円

お支払い方法

当センターでは、現金でのお支払いの他に、銀行振り込みやクレジットカード、デンタルローンでお支払いいただけます。

  • 現金支払い(一括/分割)

    現金でのお支払いとなります。手数料のかからない分割払い(最大21回払い)も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

  • 銀行振込み

    当センター指定の銀行口座へお振込みください。

  • クレジットカード

    各種クレジットカードでのお支払いが可能です。

    各種クレジットカードでのお支払い

  • デンタルローン(目的ローン)

    スルガ銀行デンタルローン(リザーブドプランプラス)、ちばぎんデンタルローン、各銀行系目的ローンをご利用いただけます。

    スルガ銀行デンタルローンへ

    ちばぎんデンタルローンへ

医療費控除

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、医療費の負担を軽減するために設けられた制度です。

本人及び生計を同じにする配偶者、その他親族の医療費として、1年間(毎年1月1日から12月31日)に10万円以上の医療費を支払った場合、翌年の3月15日までに申告すると、一定の金額の所得控除を受けられ、税金が還付または軽減される制度です。
矯正治療にかかった費用は、この医療費控除の対象になります。

ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。
申告額の限度は200万円です。所得金額合計が200万円までの方は、所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記のように計算できます。
所得税率は所得が多いほど高くなるので、高額所得者ほど還付金が多くなります。

控除金額について

詳しくは国税庁のホームページへ

医療費控除の対象となる医療費

  • 医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
  • 治療の為の医薬品購入費
  • 通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
  • 治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
  • その他
  • ※審美目的の場合は、医療費控除の対象になりません。
    一般的には矯正治療も医療費控除の対象となりますが、矯正治療の目的、不正咬合の症状等によって判断されます。
    税務署が医療費控除の対象の可否を判断します。

還付を受けるために必要なもの

  • 確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
  • 領収書(コピーは不可)
  • 印鑑、銀行などの通帳
  • ※確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
  • ※申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

治療を始めやすいリーズナブルな料金治療

治療を始めやすいリーズナブルな料金治療

マウスピース矯正の料金は、装置の種類や治療期間、治療の難易度、医院の方針などによって異なります。

料金の高い矯正装置が良い矯正装置とは一概に言えませんし、料金が低価格というだけで治療法を決めることにも問題があります。料金の安さだけで治療法を選んだために、「治療がかなり長くかかった」「望んでいた歯並びにならなかった」という例が実際にあるからです。

当センターでは、歯並びの状態や患者さまのご要望に合わせて、複数のマウスピース矯正装置の中から最適な方法を選ぶことで、結果的にコストパフォーマンスの高い治療法をご提案することが可能です。

さらに、当センターにはこれまでの多数の治療実績や経験があり、各マウスピース矯正法の技術を応用した効果的な治療をご提供できるため、マウスピース製作費用などのコストを抑えることができ、治療を始めやすいリーズナブルな料金でマウスピース矯正治療を行なうことができるのです。

安心のトータルフィーシステム

安心のトータルフィーシステム

治療をはじめる前に矯正治療費の総額をご提示

矯正治療の費用は、基本料金に加えて月々5,000円前後の調整料がかかったり、マウスピースを作製するたびに費用がかかったりすることが一般的です。しかも矯正料金の総額が不明瞭なうえ、治療期間が長引くほど料金が加算されるという問題がありました。

「最終的に費用はいくらかかるのか?」という不安をなくし、安心して治療を受けていただくために、当センターでは矯正治療費の総額を治療開始前にお伝えする「トータルフィーシステム」(総額制)を採用しています。
そのため、矯正精密検査後のご説明時(矯正診断時)に、矯正治療費の総額をお伝えすることが可能です。