当センターの特徴

当センターのインビザライン矯正治療の強み

GPドクター初の『インビザライン クリニカルスピーカー』

GPドクター初の『インビザライン クリニカルスピーカー』

当センターの院長 五十嵐 祐二は、GPドクターとして初めてのインビザライン クリニカルスピーカーに認定されました。

『GP』は『General Practitioner』の略で、『一般歯科医(総合歯科医)』を意味します。つまり、特定の分野だけに関わるのではなく、総合的に歯科医療を提供する歯科医師ということです。

また、『インビザライン クリニカルスピーカー』とは、全国のインビザラインドクターを対象に、講演や講習、技術の指導などを行える歯科医師のことです。インビザラインを製造するアライン・テクノロジー社が公認するもので、日本では数千人のインビザラインドクターの中でわずか十数名しか認定されていません。

一般歯科医(総合歯科医)でありながら、矯正分野でインビザライン クリニカルスピーカーに認定されている院長が、インビザライン矯正治療の豊富な知識と卓越した治療技術を活かして、美しい口元へと導いてまいります。

豊富な治療経験と実績

豊富な治療経験と実績

インビザライン矯正は、治療技術・手順がワイヤー矯正とは異なります。とくに、治療前の細やかな診断と適切な治療計画の立案が重要なポイントとなります。

当センターの院長は、アライン・テクノロジー社公認の『インビザライン クリニカルスピーカー』として、インビザラインドクターを対象としたセミナーの講師など務めており、現在にいたるまで多種類の症例を診てきています。

的確な治療計画に基づいた治療を豊富に経験しており、多数の実績があるので、他院で「インビザラインでの治療は困難」と治療を断られた方も、当センターにお任せください。

最先端の3Dデジタル技術を導入

最先端の3Dデジタル技術を導入

インビザライン矯正は、治療技術・手順がワイヤー矯正とは異なりますが、最も大きな違いは、治療前にコンピューターによる3Dシミュレーション、『クリンチェック』を行うことです。

3D 治療計画ソフトウェアを使うことで、治療開始から完了までの歯の移動を画像と動画で確認でき、治療が完了する時期も知ることができます。さまざまな視点から治療の詳細を把握して綿密な治療計画を立案できるので、より精度の高い治療が可能になります。

もちろん患者さまにもシミュレーション画像・動画をご覧いただけるので、治療を受けるかどうかを判断するための大きな手がかりになります。

さらに当センターでは、口腔内3Dスキャナー『iTero エレメント』による光学印象採得や、『歯科用CT』による断層撮影を行っており、より安全でより早く治療が可能な3Dデジタル矯正システムを構築しております。これらの3Dデータもすべて患者さまにご覧いただけます。

ワイヤー矯正とは異なり、3Dデジタル技術により、治療後の歯並びをご自分できちんと確認してから治療を受けられるというのが、インビザライン矯正の最大の特徴です。

3Dデジタル矯正

インビザライン・アジアパシフィックGPアドバイザリーボード・メンバー

インビザライン・アジアパシフィックGPアドバイザリーボード・メンバー

院長は、アライン・テクノロジー社から研究開発などで助言を求められるインビザライン・アジアパシフィックGPアドバイザリーボードのメンバーに日本から唯一選ばれています。これまでのインビザライン治療への取り組み、質の高い『クリンチェック』治療計画の作成、豊富な治療経験、良好な治療結果などが高く評価されたことがメンバーに選出された理由と考えております。

症例数の多さという一般的な評価ではなく、アライン・テクノロジー社から総合的な評価を受けている院長が担当しますので、安心して治療をお任せください。

『インビザライン・プラチナエリート・プロバイダー』に5年連続(2014年~2018年)認定

『インビザライン・プラチナエリート・プロバイダー』に5年連続(2014年~2018年)認定

院長は、インビザライン矯正の治療実績・症例数に基づいて決定される7つのステータスのなかで、上位ステータス『インビザライン・プラチナエリート・プロバイダー』に5年連続(2014~2018年)で認定されている、日本で数少ないドクターの一人です。当センターでは、すべての矯正治療を院長が最初から最後まで責任を持って担当しています。患者様や通院日によって担当医が変わることがないのでご安心ください。

矯正歯科だけでなく審美歯科・一般歯科を合わせた治療

矯正歯科だけでなく審美歯科・一般歯科を合わせた治療

当センターでは、矯正治療だけでなく、審美歯科や、虫歯治療などの一般歯科に積極的に取り組んでいます。また、予防歯科、口腔外科など各分野においても多数の治療実績があります。

インビザライン矯正治療中でも、対応可能な治療はあります。治療開始前から治療中・治療後まで、虫歯・歯周病治療、無痛治療、審美歯科(ホワイトニング・セラミック治療・ダイレクトボンディング治療など)に速やかに対応できるので、突然の偶発症はもちろん、「見た目をさらに美しくしたい」というご要望もお気軽にお伝えください。

なるべく抜かない矯正

なるべく抜かない矯正

「矯正は抜歯しないといけない」と思っていませんか?

「歯がデコボコになっている」「出っ歯になっている」などの歯並びの方は、歯をきれいに揃えるために必要なスペースが足りない状態のため、そのような歯並びになっていると考えられます。

そして、歯並びを改善するためには、抜歯が必要になるケースが少なくないのが現状です。

しかし、歯並びをきれいにするためとはいっても、健康な歯を抜くことに抵抗を感じる方がいらっしゃるのは当然のことです。当センターが行なっている矯正治療前のアンケートでも、歯を抜きたくないと考えている方が多くいらっしゃいます。

当センターでは、できるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています。

軽度の不正歯列では、スペースの不足が少ないため、多くの場合、非抜歯での治療が可能です。
それ以上にスペースが不足している場合は、抜歯を行なうかどうかが問題となります。従来なら抜歯矯正を行なう症例でも、綿密な治療計画を立てて、多様な方法を用いることで、非抜歯での治療が可能になる場合があります。

特にマウスピース矯正では、小臼歯を抜かずに矯正を行なうことで、小臼歯を抜歯する一般的な抜歯矯正よりも歯の傾きなどをコントロールしやすく、良好な噛み合わせを得やすいなどのメリットがあります。

ただし非抜歯の矯正は、歯を抜かずにすむ反面、治療期間が長くなったり、出ている前歯を大きく後ろに下げられないなど、仕上がりに限界が生じる場合があります。また、無理に非抜歯矯正を行なうことで、治療後の後戻りのリスクが高くなることもあります。

抜歯矯正と非抜歯矯正にはそれぞれメリット・デメリットや適応症があります。
当センターは、非抜歯矯正を治療方針としているわけではありません。非抜歯矯正と抜歯矯正の両方が可能な方には2つのプランをご提案し、可能な限り歯を抜かない矯正を行うことにしています。