マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは

「歯並びをきれいにしたいけれど、ワイヤーの矯正は痛そうで嫌だ」
「装置のついた見た目が気になる」
「モデルをしているので、矯正装置をつけられない」
「少しだけ歯並びを治したいけれど、矯正は費用が高いのでためらう」

このようなお悩みをお持ちの方におすすめなのが、『マウスピース矯正』です。
マウスピース矯正は、ワイヤーを使わず、その方の歯の形状に合わせて作ったマウスピースを使い、歯並びを改善する矯正治療方法のことです。
ひと口にマウスピース矯正といってもいくつかの種類があります。当センターでは以下のタイプの装置を扱っています。

  • インビザライン
  • インビザライン・ティーン
  • アソアライナー
  • イークライナー
  • DENマウスピース
  • オペラグラス
  • エシックス・アプライアンス
  • アクアシステム
  • クリアアライナー

それぞれのマウスピースの詳細はこちら

マウスピース矯正の特徴

  • 目立たず気づかれにくい

    透明なプラスチック素材を使っており目立たないので、装着していても周りの人に気づかれることがありません。

  • 不快症状が少ない

    ワイヤーを使った矯正に比べて装着時の違和感が少なく、「話しづらい」「口内炎ができる」などの不快な症状はほとんどありません。

  • 調整直後の強い痛みがない

    弱い力で歯を動かすので、ワイヤー矯正のように調整直後に起きる強い痛みがありません。

  • 取り外しが簡単・清潔

    簡単に取り外しができるので、食事のときに食べ物が装置の間に詰まったり挟まったりすることがありません。また、取り外して歯磨きできるので、歯の隅々まで歯ブラシが届き、口の中を清潔に保つことができます。

  • 矯正中も別の治療ができる

    取り外しができるので、矯正治療中でもむし歯や歯周病の治療ができます。

  • 金属アレルギーでも安心

    金属が一切含まれない素材を使っているので、金属アレルギーがある方でも安心して使えます。

  • ホワイトニングがお得にできる

    ホームホワイトニングのトレーとして使えるので、矯正治療と同時にホワイトニングができます。費用も通常の半分以下ですみます(※一部の装置を除きます)。

マウスピース矯正はこんな方におすすめです

  • ちょっとした痛みにも敏感で、ワイヤー矯正時の調整後に起きる痛みを心配されている方
  • 接客業や営業職など人前で話す機会が多い職業の方で、装置を装着したときの違和感や喋りづらさが気になる方
  • 装置を取り外して食事や歯磨きをしたい方や、虫歯治療のため装置を取り外す必要のある方
  • 費用を抑えて矯正治療を受けたい方や、通院回数を少なくしたい方

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正の最大のメリットは、「透明で目立たない」ということです。

そのほかにも、取り外せるので食事や衛生管理に不自由しない、違和感や痛みが少ない、矯正治療中でもホワイトニングや虫歯治療ができる、金属アレルギーの心配がないなどの多くのメリットがあります。

しかし、メリットだけではなく以下のようなデメリットもあるので、注意が必要です。

  • 本人の努力が必要

    マウスピース矯正は、装置をきちんと装着することで、キレイな歯並びを作ることができます。
    簡単に取り外せるというメリットがある一方、毎日17~20時間以上装着しないと充分な効果を得らません。

    つまり、外している時間が長くなりすぎないよう、ご本人が長時間装着する努力をする必要があります。

  • 症例によっては適応できないこともある

    マウスピース矯正のみでは、上顎と下顎に大きなズレがある症例や、噛み合わせが極端に深い症例などの治療が困難な場合があります。

    しかし、ワイヤー矯正や補助矯正装置を組み合わせることで、マウスピース矯正を主体にした治療ができる場合があります。
    マウスピース矯正で治療可能かどうか、どの装置が適しているかなどは、初診カウンセリング時に歯並びを拝見してからご説明します。

マウスピースとワイヤー、全体矯正と部分矯正

マウスピースとワイヤー、全体矯正と部分矯正

ここでは、さまざまな矯正治療のなかでも代表的な2つの方法、マウスピース矯正とワイヤー矯正を取り上げ、それぞれの全体矯正と部分矯正についてご紹介します。

マウスピース ワイヤー(ブラケット)



  • 透明で目立たない
  • 取り外せるので食事や衛生管理に不自由しない
  • 違和感や痛みが少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 毎日17~20時間以上装着しなければならないので、ご本人の努力が必要
  • 上顎と下顎とのズレ、噛み合わせの深さなど、症例によっては適応できない場合がある
  • 最も一般的な方法なので、症例や実績が豊富
  • ほとんどの症例に適用できる
  • 装置の種類によっては目立つので、審美性に欠ける



  • 見た目、装着感はマウスピースの全体矯正と変わらない
  • 前歯2本だけ、出っ歯の部分だけなど、気になるところをピンポイントで治療できる
  • ピンポイントで歯を動かすので、治療期間を短縮できる
  • マウスピースの全体矯正と比べて、治療費を抑えられる
  • 治療費を抑えられる
  • 数ヵ月で治療が終わるなど、治療期間が短い
  • 前歯だけなど、気になる部分だけを治せる
  • 症例によっては、部分矯正では治せない場合がある
  • 上下全体の噛み合わせを考慮しきれないなど、全体矯正よりも仕上がりが見劣りする